髪染めなきゃならんぞそろそろ【ゆわ。】

すげえプリンになってきたよ

 

はいどうも〜〜〜〜〜

 

ステイホームゆわ。です〜〜〜〜

 

 

緊急事態宣言解除されたところも多いですね。ですがまだまだ継続されてるところもありますし、油断出来ない状態ですね

皆様は何してますか?

 

ステイホーム中の私ですけど、

先日言ってた通りにYouTubeTRPG見たり、読書したり、ま〜〜〜堪能してるわけなんですが、

そろそろやっぱり外に出たい

 

買い物には出るんですけどね。あと仕事。

 

あ、昨日はマニキュア塗ったり良い香りの入浴剤の入ったお風呂に浸かったり、贅沢なフェイスパックしたり、めっちゃ女子力高くない???


f:id:meganetyu-bu:20200517130658j:image

 

↑これ昨日塗ったやつ〜〜可愛い。マスタードカラー。

ほんとは推しの色が緑なので、そういうの塗りたかったんだけど、キャンメイクにそういう色が無い。キャンメイクのマニキュアめちゃめちゃ塗りやすいで()

この前ネイルホリックのやつ塗ったんですが、私の爪がデカいからかな。ムラになっちゃって駄目でした、ハイ。

 

あと写真は無いけど、ドラッグストアでHoneyって種類のシャンプーの一日用の小さいパック買って使ったよ。シャンプーとヘアパックとトリートメントとヘアオイルのセット。めちゃめちゃ良い匂いで最高でした。

 

 

いや〜〜〜〜めちゃめちゃ女子やってるわ(白目)

 

 

だってJKだしね?!当たり前だよなぁ

 

 

 

 

 

はい

 

 

 

 

 

という訳で、他にはなんかやってたかなぁ。

 

ああ、読書のこと話そう、そうしよう。

 

 

読書ってします???皆さん

 

 

昔から本読むことが好きなんですが、短大辺りからめっきり読むことは無くなりましたね。

で、最近ずっっっと好きだった本のシリーズの新刊が出たんですよ。

 

それがこちら↓

 

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)
 

 

そう!小野不由美さん作の十二国記シリーズです!!

今日はこれを少し紹介しようかな。

 

以前Twitterにて、師走から借りた本の話をしたことがある気がする。その本は十二国記じゃないんですけど。

(ちなみに、それは上橋菜穂子さんの守り人シリーズですね)

たぶん守り人シリーズが好きな人は、十二国記好きだと思う。

 

正直比べてみると、守り人シリーズはほんとに異世界ファンタジーって感じですね。

特殊な片仮名の単語が結構出てくるイメージ。王道ファンタジー

対して十二国記シリーズは、中国風歴史ファンタジーっていう感じかなぁ。なんていうか、守り人シリーズ読んでる時は、その慣れない単語に苦労したんですけど、話の内容としては特に難しくないというか。でも十二国記は、言葉自体はそこまで複雑じゃない(でもまあファンタジーなので特殊な色々言葉は出てくるけど)けれど、物語としては難しい話です。

 

神話生物である麒麟が出て来たり、色々な十二の国の歴史が絡まるお話なので、巻頭には国の地図が載っているのですが、それを理解するのも大変。漢字ばかりなので、初めての人は読むのは苦労するかも。

 

でもめちゃくちゃ面白いです。中学生?の頃から大好き。

 

大まかな概要としては、

 十二国記は、神仙や妖魔の存在する中国風の異世界を舞台にしたファンタジー小説シリーズである。

この異世界には十二の国が存在し、各国は王政国家である。麒麟が天の意思を受けて王を選び、王は不老の存在となり天の定めた決まりに従って統治を行う。

地球と十二国の世界は隣り合っており、天災「蝕」によって地球人が十二国の世界に流されることもあれば(海客・山客)、十二国の世界に生まれるはずの人間が生前に流されて地球に生まれることもある(胎果)。シリーズでは、本来あるべきでない場所に生まれた胎果や故国から引き離された海客、十二国の世界の人々の冒険や苦難が描かれるが、十二国すべてが舞台となるわけでない。

政治を行う王、理想や野望を抱く官吏、市井の民などの多様な立場の人々が、過酷な運命のもとで必死に生きる姿を描いた骨太の物語である。

 

(Wikipediaより部分的に引用)

 

あとは、

新潮社の十二国記公式サイトに登場人物等詳しく書かれてます。

 

初めて読む方は、エピソード1の〝月の影 影の海〟から読むのがおすすめです。

 

月の影  影の海 (上) 十二国記 1 (新潮文庫)

月の影 影の海 (上) 十二国記 1 (新潮文庫)

 

 

この本、新潮文庫として完全版で今出てるのですが、その前はハーレクイン文庫で少女向けに発売されてまして。(にしてはかなり難しい内容)

それが、ファンというか年齢層が成人になったので、普通に文庫版として出てるそうです。

 

完全版とハーレクインの方では、挿絵や表紙が違います。そして、ハーレクインの方ではもう発売されていないので、最新刊とその前に発売されたものに関しては、文庫版の方のみになってます。

私はハーレクインの方でずっと読んでいたので、この機会にまた1から読み直してます(笑)

 

でも、とても惹き込まれる内容なので、是非是非読んでもらいたい一冊です。

 

私はやはり、エピソード1の主人公である陽子のことが一番好きです。ただの女子高生であった彼女が、突然麒麟に半強制的に異世界に連れてこられ、その途中はぐれて巧の国に流れ着き生きていく様子はとても力強く、同時に彼女の心の弱い部分が自分達と重なり、一度ページを捲ると次も次も、と読んでしまいます。

はじめの頃とエピソード1が終わる頃では、彼女の成長がとても大きく感じられますし、どこか美しいなと思うわけです。

 

 

長くなりましたが

 

 

 

暇なら読もうぜ!!!!!

あっ、この前薦めたTRPGも見てくれよな!!!!

 

 

 

じゃ、今日はこの辺で

 

 


それでは皆さん、またぬーん( ・∀・)ノ

 

★☆チャンネル登録、Twitterフォロー等、よろしくお願いします!☆★

👓めがねちゅーぶ
https://www.youtube.com/channel/UCY3Hyk9diGcsigchgqRGiMw

🐦Twitterアカウント
▼坂村ココ(@potsunensk) https://twitter.com/potsunensk?s=09

▼師走(@shiwasu_megane) https://twitter.com/shiwasu_megane?s=09

▼わがっち(@wagashi_igame) https://twitter.com/wagashi_igame?s=09

▼ゆわ。(@yuwa_games) https://twitter.com/yuwa_games?s=09